2015年06月29日

アンチエイジングのために

アンチエイジングというのは加齢と戦う抗加齢という意味で、若返りと勘違いされがちですが、ただの若返りではなくて加齢が進むのを抑え、本当の年齢より若々しく見せるというようにというのが適切な見解です。
現在アンチエイジングというものは、基礎化粧品だけではなく、サプリメントおよびホルモン治療の分野にも進化しているのです。しょっちゅう洗顔をして肌に必要な皮脂が常に足りないといったことになると、足りていない皮脂を補おうとたくさん出すようになります。洗顔をしすぎると乾燥肌にもなり、さらにたくさん皮脂の分泌を促してしまいますから、適度の洗顔回数にしてちょーだい。顔を洗った後は化粧水でしっかりと水分補給することを忘れずにおこなうことが大切なのです。あとピーの人は、どんな肌手入れの方法が正解なのでしょう?あとピーの原因というのは完全に解明はされていませんので、これで間違いはないといったようなスキンケア法や治療法等はまだ確立なされておりません。


ただし、あとピーの人は、わずかな刺激や体温上昇で痒みの症状が現れてきますから、極力刺激を抑えることが一番です。
私の母親は数年来顔にできてしまったシミにじっと考え込んでいました。その大きさはどれくらいかは十円玉ほどの大きさが一つ、少し小さいものが何カ所か両頬に散乱していました。


1年ほど前、母親の美肌友達より「発芽玄米はシミにいい」と聞き、さっそく毎食に取り入れました。その結果、シミは薄れてきています。

洗顔は1日に何回するのがベストなのかわかっていますか。正解はずばり、朝と夜の2回です。洗顔をこれ以上するのは肌を弱くしてしまう原因になってしまいます。何回もすればその分ゲンキになるワケではなく、多くても2回に留めるというのがきれいな肌へと繋がっていくのです。

最近、私はエッセンシャルオイルを使用して自分が楽しんだり周りの方に楽しんでもらったりしています。特にアロマオイルの香りが大好きで気分が落ち着きます。
エッセンシャルオイルは心身の健やかさやストレスの解消、リラクゼーションに良いようです。植物の香りは心身の悩みを穏やかに回復させてくれる作用があり、私にとってはスキンケア化粧品のようです。
顔を洗うのに熱いお湯で洗ってしまうと落としてはいけない皮脂も落ちますし、きちんと洗えていないと肌の乾燥やニキビなどの肌トラブルを招くので肝に銘じておく必要があります。
洗顔後は、直ちに惜しみなく化粧水を丁寧に肌に押し付けるように吸い込ませ、水分の蒸発を防ぐために必ず乳液を塗ってちょーだい。1番乾燥しやすい目や口の周りなどは、多少多めに塗るようにします。何かを食べることと、美しくなることは異なるように見えますが、実は大変近しいものですので美肌をキープすることがシイタケやイモ類、ゴマのような野菜、豆類、海藻や魚のような魚介類、ヨーグルトなどの乳製品、玄米や色の強い野菜の中でも摂取することで齢に負けない事ができます。
アンチエイジングはどのタイミングで始めればいいかというと早いうちから実行する事が大切です。

遅くなっても30代には始めたほうが良いと思います。

特に目の周りの皮膚は薄いため、目周りの保湿は本当に必要なことです。ポーラ サインズショット
また、化粧品のことだけを考えるのではなく、毎日、バランスのとれた食生活を送り、日常のリズムをきちんと整える必要があります。美しい肌の秘訣をハッキリというと、肌の水分量をいかに保つかという点です。水分がたくさんあれば最高の肌触りのハリのある肌になります。

手をかけてあげないとあっという間に蒸発してしまいます。化粧水で肌をたっぷりと潤したら、潤沢な馬油クリームで膜を造るのが重要です。
posted by toko at 16:53
"アンチエイジングのために"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。